• トップ
  • 新着情報
  • 千葉県市川市行徳の孤独死現場の特殊清掃で汚染された札束発見!

千葉県市川市行徳の孤独死現場の特殊清掃で汚染された札束発見!

2020/02/22

特殊清掃データ

場所:千葉県市川市行徳 2DKマンション
状況:孤独死死後20日前後 作業内容:特殊清掃一次処理

作業者コメント

不動産管理会社の依頼で南行徳駅近くのマンションの孤独死現場でした。
遺族が遠方に住んでるため、遺族が遺品チェックをしやすいようにとのことでまずは消臭と汚染された布団などの廃棄を行いました。

住んでいたのはお年寄りということでしたが、ゴミ屋敷状態でもなく物が多いわけでもなく整然とした部屋でした。
遺体痕は床に敷いた布団を中心に少しはみ出るような形で人型のシミがありました、まずは布団の処理から行ったのですが、布団を丸めた際にちょうど頭の部分だと思うのですがキルティングで作られたきんちゃく袋を発見しました。

開けてみるとなんと1万円札の束でした、目視で300万円ぐらいあったのではと思います、ところがそのきんちゃく袋も体液で汚染され中のお金も当然汚れていました。

後日ご遺族に渡すので密閉できる袋に入れ持ち帰りました。(管理会社と遺族には電話で報告済)

前回一次処理を行った行徳のマンションの遺品回収にお伺いしました。
ご遺族が遺品整理をしたのですが、一次処理時に300万円ほど出たのをはじめ、その後も現金や残高ありの通帳や証券が出てきたそうでびっくりしていました。

腐敗体液で汚染されていた巾着袋もその時にお渡ししました、汚れたお金はどうしたらいいかと聞かれたので、信用していただけるのであれば会社で洗浄して、その後銀行で両替しますと提案し了承していただきました。

以前もお金は洗ったことがあるので方法は知ってましたが、今回は量があったので時間はかかりました。市川市の特殊清掃はお任せください

悪意ある自称特殊清掃や遺品整理業者に注意する理由

このように孤独死現場では大量の金品が発見されることは珍しくありません、孤独死の現場ですから当然持ち主や隠してることを知ってる者はこの世に存在しません。

この市川市の現場もそうですが、特殊清掃はその性質上遺族や関係者が居ない状況で行うことが多く、悪意ある業者にとってはまさにブルーオーシャンなのです。

かつて同じく千葉県内の特殊清掃現場では、浦安市の孤独死現場で150万円、船橋市の孤独死現場で400万円、松戸市の現場にいたっては4000万円+金塊という状態でした。

遺族すらこのような金品があることを知らないのですから、もし持ち出されたとしてもどうすることもできません。

このような可能性がある場合は、身元確かな特殊清掃や遺品整理業者に依頼しないと大損する可能性があります。

少なくとも社屋もない、社員もいないような家なき子特殊清掃業者をチョイスするのはやめましょう、その点まごのてなら安心です。
特殊清掃に従事するスタッフはすべて正社員で身元確かな者ばかり、会社もキチンと社屋を構え徹底したコンプライアンス遵守企業です。
株式会社まごのては東京都の電子調達システムにも加入しています、これに加入するには経営状況等厳正な審査をパスする必要があります。
つまり、まごのてはこの上なく安心安全な特殊清掃業者と言えるのです。

千葉県で特殊清掃業者をお探しの場合は迷わずまごのてにご相談ください。

千葉県の特殊清掃業者選びならまごのて一択

市川・八幡・行徳・原木で孤独死現場の消臭をいち早く依頼したい場合

上記エリアであれば最短60分でお伺いし、とりあえず目の前で発生している異臭や虫の被害を軽減させます。

特殊清掃一次処理は関係者や遺族がストレスなく入室できるように行う初期の処理です、本格的な防臭作業や遺品の回収なども一次処理時にご提案いたします。

上記エリアで直近のご依頼事例

市川市八幡で孤独死、一報から70分で到着し一次処理着手。
市川市原木2丁目で孤独死、一報から50分で到着し施工。
市川市南行徳で自殺の特殊清掃、一報から60分で施工。
浦安市北栄4丁目で孤独死、一報から45分で特殊清掃一次処理着手。


これだけ機動力のある特殊清掃業者はまごのてだけ!
 

市川市原木の孤独死現場では他の住人と大家さんが口論していた

千葉県市川市原木のアパートで孤独死が起きすぐに処理してもらいたいと、そのアパートを管理する会社から一報を受けた。
まずは、近隣に漏れてる臭いと外に飛び回ってるハエをなんとかしてほしいということでしたので、特殊清掃一次処理の準備をして向かいました。

およそ1時間ほどで現地に到着すると、下の駐車場で人の輪ができてます。
1人の男性をぐるっと囲むように4~5人の男女が何やら責め立てています、そのアパートに住む住人が物件オーナーに対して「早くなんとかしろ!」とまくし立ててるのです。

集団は私たちを見つけると駆け寄ってきて、消毒の人よね?さっさとやって!とさらに追い立てます。

気持ちはわかるんですが、こちらとしても手順を踏まなければいけません。
大家さんに挨拶をし、状況のヒアリングと現場の確認、作業内容の提示と料金の提示、お支払方法など着手までに行うことはたくさんあります。

私たちもボランティアではない以上そのあたりをキチンと決めてから作業しないと後々面倒なことにもなりかねません。
住人らしき方たちにもそのことを伝えた上で、あと1~2時間もすれば臭いもハエも止まると説明し作業に取り掛かったのです。

このように、大家さんや管理会社ときには私たちにさえ怒りの矛先を向ける方たちがいます、特殊清掃は急を要する事案も多く、今回のように周りが殺気立ってる場合もあるのですが、起きたものは仕方ありませんし、この原木の孤独死現場の場合は早急に対応した大家さんが責められるものではないのです。

まごのての特殊清掃一次処理というシステムは、近隣住人や大家さんのために開発されたサービスです、一刻を争う孤独死現場の除菌や消臭、清掃はまごのてにお任せください。

市川・八幡・行徳・原木で孤独死現場の消臭や特殊清掃はすぐに着手します

孤独死?自殺?事件性ありの特殊清掃【千葉県流山市】

冬場の孤独死、こたつで亡くなった特殊清掃【千葉県浦安市】

心臓発作で孤独死の特殊清掃【千葉県市原市】

ヒートショックによる孤独死の浴室特殊清掃【千葉県柏市】

 


PAGE TOP