• トップ
  • 新着情報
  • 千葉県鎌ケ谷市で行った特殊清掃。孤独死したのは実家の母

千葉県鎌ケ谷市で行った特殊清掃。孤独死したのは実家の母

2020/02/21

特殊清掃data

地域:千葉県鎌ケ谷市 孤独死による特殊清掃
依頼者と依頼方法:遺族(家族)電話でお問合せ。

作業担当者のコメント

今日は鎌ヶ谷市の戸建てで特殊清掃と今後遺品整理を行うための打合せに行きました。
亡くなったのは依頼者のお母さんで、孤独死させてしまったことをとても悔やんでいました、孤独死で親を亡くした場合罪悪感を感じるご遺族も多いのですが、昨今の住宅事情などを考えるとすべての家族が同居できることは少ないので致し方ないような気もします。
ただ、亡くなってしまったとしても早く発見できるように日ごろから連絡を取り合うことは必要と感じました。

大きな戸建てですので、遺品整理には時間が掛かるとは思いますが、ひとつでも多く思い出をピックアップできるよう頑張ります。

 
埼玉県の特殊清掃はお気軽にご相談ください


先日は大変お忙しい中、自宅の掃除や整理をしていただき本当にありがとうございました。こちらとしてはとてもお願いしにくい内容でしたが、快く引き受けてくださって本当に助かりました。

父が早く亡くなってしまったので母は長く一人暮らしをしていましたが、元気に過ごしている様子でした。しかし60歳を超えたあたりから、徐々に生活意欲がなくなってきて、すぐに「死にたい」といっていました。その都度、娘の私は励ましていたのですが、何せ遠方に住んでいることからすぐに対応できずにいました。

もう少し早く本人のもとへ訪れるべきでした。体は元気だからと過信していたと思います。かなり精神的に追い詰められていたのでしょう。それに早く気づいてやるべきでした。

新聞受けに何日もの新聞が取られずにいたのを近所の方が不審に思い、家主さんと警察の方が自宅内で母を発見してくださいました。その時にはすでに母は息を引き取っている状態で、もう20日ほど経過していたようです。

警察から連絡があったときには早く行っておくべきだったと本当に後悔しました。葬儀のあと自宅を早く何とかしなければと思っていましたが自分で整理する気になれず、まごのて様にお願いすることにしました。

清掃では消毒や消臭などをしてくださったおかげで、きれいな部屋に戻りました。遺品整理は私も一緒にさせていただきましたが、私の子供のころに幼稚園や小学校で作った作品が大事に保管してあり、母の思いに触れることができ本当に良かったです。やっとこれで私も前を向いて歩いていこうという気持ちになれました。まごのて様のおかげだと思っています。

孤独死から遺品整理まで一貫作業

心臓発作で孤独死の特殊清掃【千葉県市原市】

地域からの孤立が原因の孤独死の特殊清掃【神奈川県川崎市】

ヒートショックによる孤独死の浴室特殊清掃【千葉県柏市】

冬場の孤独死、こたつで亡くなった特殊清掃【千葉県浦安市】

引きこもり息子の自殺の特殊清掃【埼玉県川越市】
 

千葉県松戸市で孤独死の特殊清掃と遺品整理作業

特殊清掃data

地域:千葉県白井市  孤独死による特殊清掃と遺品整理
依頼者と依頼方法:遺族(娘)電話でお問合せ。

作業担当者のコメント

千葉県白井市の孤独死されたお宅の清掃と遺品整理に伺いました。
死後日数は2日程度ということでしたので、特殊清掃の部分は空間除菌とご遺体のあったと思われる場所の除菌と拭き上げ作業を行いました。

今回は賃貸住宅ですので時間もないということで遺品整理までご一緒しました。
その際も娘さんは、もっと気にかけていればとしきりに悔やんでいました、ですが人の体は突然どうなるかなんてわかりません。
特に病気がない方でも本当に突然亡くなってしまうこともあります。

今回の場合はヘルパーさんが定期的に訪問していたため、腐乱する前に発見されたことは幸いだと思います。

松戸市の遺品整理は私にお任せください

先日は亡くなった母が住んでいた自宅の清掃を行っていただきありがとうございました。また大変な中で、遺品整理まで私たちに付き添っていただき、本当に感謝しています。

本当ならばさっさと作業して終わらせたいと思われるでしょうけど、あのように私たちに寄り添いながら作業されている姿をみて、なんと尊い仕事なのだろうと感動いたしました。

本当ならば、母なのですから私たち娘が掃除や整理を行わねばならないのは理解しています。ただ生前の母と私たちはそれほどいい関係を築いてきたものではなく、むしろいがみ合ってきたのです。

しかしやはり私たちは母の娘ですから、何かあったときには、という思いで近くに住んで様子を伺うようにしていたのです。自宅で亡くなっているとヘルパーさんから連絡があったときには、もう少し娘としてきちんとしておくべきだったと反省しました。

すでに母は息を引き取ってしまいましたが、せめて自宅はきれいにして家主さんに返さないと、という思いが母への少しでも償いの気持ちだと思っています。家主さんには常に感謝している母でしたから。

まごのてさんと一緒に遺品整理をしていくと、私たちが写っている古い写真が整理されているものを見つけました。とても大事に保管されており、何度も見直している様子がうかがえるものでした。

それをみて、母の私たちへの本当の想いを知ることができたようで、涙がとまりませんでした。今では私たちの宝物となっており、素直に母に感謝できるようになりました。このような気持ちになれたことは、まごのてさんのおかげです。

PAGE TOP