【特殊清掃業者】優劣を簡単に見分ける方法

2018/09/04

インターネットの発達とともに見る側もスキルアップしなければいけない

特殊清掃もゴミ屋敷片付けもその他周辺業務を業者探しをする場合にインターネットを利用する、というのが主流です。

30年前ならタウンページを繰ったりチラシに頼るしかなかったことがスマホ1つで膨大な情報を得ることができます、これは事業者、ユーザー双方にメリットがありあらゆる分野でこの文明の利器を有意義に使えるかどうかが勝負の要です。

事業者がインターネットの世界に飛び込むのはそんなに難しいことでなく自分で勉強してスキルを積み上げる者もいればマネーパワーで専門家に依頼しピンポイントで顧客を釣り上げることもできます。

インターネットの世界はねつ造、誇張なんでもありで昨日生まれたばかりの会社でも年間実績何百件と表記できます、1人親方なのに何十人もいるように見せかけることも可能です。

特殊清掃業者を探してる人はどんな業者を探してるんでしょうか?

技術と知識があって価格的にも安心できる業者

これに尽きると思います、にもかかわらず実態はどうでしょう?ここ数年変な認定資格のおかげでスキルも実態もない素人業者が増殖しているのです、ユーザーを惑わすようなサイトが溢れてます。

「特殊清掃」や「孤独死 部屋掃除」などのキーワードで業者探しをすると2ページぐらいの中に軽く15件ぐらい出ます、ランキングサイト内まで含めると20じゃききません、このネットの海の中から優良なニーズに合う業者を探すのは至難のワザかもしれません。(大前提として経験もない技術もない下手すりゃ悪徳業者が90%という考えです、書いてることを頭から信じるんであれば全く必要ない知識です)

でも意外と簡単な方法で見極めることができるんです。

サイトに使用してる写真がオリジナルかどうか

見た時の印象はけっしてキレイではありませんがそれなりに業歴が長く実績のあるところはオリジナル写真を多用しています、素材かオリジナルかはパッと見た感じでだいたいわかると思います。
他社の写真を流用してる場合はわかりにくいかも知れませんがどこか不自然なところがあるからいくつか見ればなんとなく判断が付くようになります。

まごのてでは各サイトやYouTubeで事業実態の有無(事業所の有無)をGoogleストリートビューで調べるという方法を推奨していますがもっと簡単にページ移動なしで判断できる目安としてお客様から教えていただいた方法が写真の見極めでした。

特殊清掃業者,孤独死

 

【自己主張】

これはまごのてが保有する人気ブログからの抜粋です。
 

人に聞いたのですが遺品整理とかでお金や貴金属が出てもそれは業者がそれらも含めて買ったことになってるから持って行ってもいいと聞きました、そんな場合その時にいた人みんなでわけるんですか?
 

常識で考えればわかること、いいはずがありません・・・ですが当たり前のようにポケット入れてるとこが多いみたいです、堂々とブログに書いてたバカもいましたしね、だいたいそんな乞食みたいなスタッフがいるところ選ぶのが間違いです


東京はご先祖様が帰ってくるお盆は終わりましたが全国的にはこれからです、私も毎年お迎え火と送り火をするんですが必ず不思議な現象が起きます。
 
人の本質は御霊だと聞いたことがあります、肉体はいわばただの服みたいなもんだと、だから当然御霊は自己主張をする。
 
ばんたび孤独死現場に接してるとこの不思議なことはよく出会います、怖くないんですか?と聞かれますけどあまりそれは感じたことがない。

ある孤独死現場に現地調査に行った、当然異臭漏れもあったんだけど玄関前に水で濡らしたような跡があり遠目からでもその部屋とわかった、この水のような跡が発見に至った原因らしい。

 
そのアパートは全部で10室ぐらいで半分程度しか住んでない古めのアパート、その部屋の前にこの水のようなモノが流れそれに滑って転んだのがはじまりらしい、その液体の正体は脂です。
 
脂が漏れ出す前に異臭でわかりそうなもんだけど両隣は空き家で毎日その部屋の前を通る転んだお爺さんは重度の蓄膿だった、おそらくこのままじゃ誰にも発見されないと思った故人は脂で知らせたんだと思う。
 
玄関先で亡くなってた場合はこのように脂や腐敗液が外に流れることがあるけど廊下から外に溢れるぐらい流れ出ることはあまりない、中を見てみると広がってるんではなく玄関に向かってまっすぐ脂の道ができてました。

このように発見しておくれ、と報せることは時々あるようで〇〇さんが夢に出て発見に至ったとかはよく聞きます、作業の途中でもなんとなくフト感じてある場所を見たら貴重品が出てきた、なんてことはよくあります。
 

御霊と波長を合わせると遺品整理はサクサク進みます、社内研修でも孤独死現場は故人の御霊が立ち会ってるから生身の人間の立ち合いよりスムーズに進むよ、と教えてます。
 

冒頭に書いたように何か戦利品はないか、ばかり考えてる乞食業者にはできない真似です

2年ぐらい前に放送した遺品整理作業中にテレビが点いたのがあったけどあれもヤラセとかじゃなく本当に起こったことです。

ご先祖様が帰ってくるこの時期、会談はホラーではなく御霊の主張に耳を傾けてみましょう、こちらからお願いばかりしてちゃダメだよ。

孤独死,大急ぎ,片付け

<特殊清掃一次処理とは>


孤独死などが部屋で起こった場合想像以上に部屋を汚しています、遺体は警察が引き上げますが汚れた物や血液や体液の除去や部屋の中の除菌や消臭は行いません。

遺体発見まで相当日数が経過してる場合、遺体発見まではそんなに経過していないけど汚染個所を長期間放置した場合は例外なく悪臭、ハエ、ウジが発生しその部屋のみならず隣近所にまで影響を及ぼしてる可能性があります、またそのような状況では遺族すら室内に入れません。

この状態をいち早く解消することを特殊清掃一次処理と呼んでいます。

特殊清掃一次処理の内容は下記の通りです。

1.遺体痕の洗浄
2.汚染物の除去
3.ハエやウジなどの害虫駆除
4.一次除菌消臭

 

【特殊清掃一次処理の費用について】

一次処理だけなら3万円から高くても10万円までです、時間も着手してしまえば1~2時間で完了します。
状況を簡単にご説明いただければすぐに機材を揃え現地に急行します、料金は作業開始前に確定金額をお知らせし開始します。
まごのてでは特殊清掃一次処理の場合は事前見積という概念はありません、現地調査に時間を割いてるぐらいならいち早く悪い状況を解消するのがお客様のためと考えるからに他なりません。
特殊清掃一次処理後 の流れ
一次処理完了時点で今後必要と思われる作業のご提案と料金提示をいたします、主には次のような作業です。

1.遺品整理や家財の撤去
2.防臭処理の必要性、必要であれば施工内容と費用
3.リフォームのご提案

戸川区の集団自殺物件【練炭自殺】
東京都足立区で孤独死が発生した際に特殊清掃業者に依頼する理由

渋谷区で孤独死の特殊清掃|事実を隠そうとした遺族
【埼玉県川口市で特殊清掃】遺体搬出後にニオイが強まった原因
千葉県松戸市で階下の部屋まで汚染の特殊清掃(孤独死死後2ヵ月)


会社情報

特殊清掃専門
◇株式会社まごのて
東京都江戸川区北葛西3-5-6
03-4405-5420

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

 

お問い合わせ

PAGE TOP