特殊清掃一次処理後に行う作業

腐敗体液はこんなところまで流れる!

床上だけいくらキレイにしてもダメ!実は腐敗体液は床下まで浸透してることが多いのです


臭いが残ったり後になってニオイ戻りが起こるのは遺体痕の処理が完全ではないからです、内装解体の必要性、是非は賛否両論あるのですが木部の場合は思い切って除去したほうが無難です。
この写真の場合は畳を突き抜け下板まで腐敗体液が染みています(死後3週間、女性)床下まで遺漏した体液は1階の天井との間の断熱材で止まっていました、もし発見までもっと日数を要していたら1階の天井から腐敗体液が漏れ出して大騒ぎになるところでした。

 

腐敗体液,孤独死,漏れる

一見染みがあるだけに見えるフローリングでも日数によっては下地にまで流れ広がっている可能性があります。この目に見えない部分の腐敗液を1滴でも残せば永遠に臭い続けます。

床下だけではなく遺体痕のあった場所によっては壁面の石膏ボードも腐敗体液を吸い上げてる場合があります、内装解体についての見解はさまざまあるのですがリフォームを行う業者がその知識があるかどうか不明なため腐敗液の付着が疑われる部分の処理は特殊清掃業者が行うべきと考えています。


臭い粒子も奥深く浸透しています


壁紙やその下地、衣類や建具、浮遊している埃にまで臭い粒子は付着しています。それらの徹底除去を行ってははじめて消臭が完了するのです。

除菌 オゾン,孤独死


使用薬剤は状況に応じて複合二酸化塩素、次亜塩素酸水などで除菌し、オゾン脱臭機を使用します。 オゾン脱臭の仕組みと効果

また効果測定は人の感覚プラス臭気センサーで数値化します。

 

<<まごのて>>の特殊清掃で使用するオゾン発生器は世界最高峰のマシン


オゾンショックトリートメントを行える世界最高峰のオゾン発生器を使用しています、国内で販売している中では最高峰のマシンです(価格も最高峰)

OST(オゾンショックトリートメント)法とは、一般社団法人日本除菌脱臭サービス協会に認証、採用されている脱臭法でオゾン発生量7500㎎/h以上、ファン風量260m³/h以上という基準があります。

まごのてで使用するオゾン発生器はオゾン生成量12,000mg/h風量560m³/hというスペックのものを使用しています。
これはまさしく世界最高峰のスペックです、市販されてるオゾン発生器とは別次元で除菌や消臭を行えるのです。


オゾン脱臭機 tiger
 

<特殊清掃現場におけるオゾン使用についての他社の見解>


孤独死の特殊清掃でホームページでオゾン脱臭機をアピールしている業者さんって

結構おおいですよね。

実は当社も特殊清掃をやり始めた当初はオゾン脱臭機を使用しておりましたが、

現在は使用しておりません。

理由は簡単で特殊清掃を行う上で意味がないと判断したからです。

当初は知り合いの業者も使っているし、ネットで他の業者さんがどうしているのか

参考にしてもみんな使っていました。

それで使わなければならないものという認識がありました。

オゾン脱臭機ってウ十万円もしたりと非常に高額で高価なものでしたから仕事が

入る度にレンタルしたり、知り合いの業者にお金払って貸して頂いたりしておりました。

 

臭いが消えたり、オゾン自体が毒性を持つので発生する虫を退治したりという効果が

あるとのことなのですが、実際問題効き目がはっきりと言って無いといってもよい

くらいでした。

使い方が悪いのかなとも思ったりもしたのですが、知り合いの業者さんたちと話す

中で、彼らもやはり余り使えないと分かりつつも使っている現状が見えてきました。

確かにこのようなことを書いてる業者もいるのですが<まごのて>でも有名どころの他社でもこのような考えとは真逆です。
むしろオゾンは特殊清掃では必須アイテムで除菌消臭はオゾンでしか解決できないです。


おそらくですが専門業者が導入するホンモノのマシンを買えないだけと思われます(本当にかなり高額です)

結局のところ特殊清掃とは汚染痕除去と除菌消臭が全てである


専門に行ってる会社はこれの技術開発を日々研究しています。腐敗体液は文字通り液体ですからあらゆる場所に広がり浸透します。これらをちゃんと見極め処理をしないことにはいつまでも臭い続けてしまうのです。


人の体液は想像以上に広がり部屋を汚染します。
 

汚染痕の除去は拭く・削る・閉じ込めるという作業で除去できますが浮遊している菌を取り除くことも重要です。壁材のや天井に入り込んでしまった菌までしっかり除菌します。これは作業者の安全を守ること遺族の安全を守ることにもつながるのです。
 

【消臭と脱臭はどう違うのか?】

コトバはよく似てますがまったく違うものです、特殊清掃現場においての考え方ですがまず消臭とは浮遊してる臭いを消すことです、一般家庭内の消臭を例に考えてみましょう。

生ごみが入ってるゴミ箱が原因で部屋が臭い。

このような場合はどうするでしょうか?おそらくファブリーズを撒いたり換気したり空気清浄器を掛けたりするでしょう、これが消臭作業です。

生ごみそのものを外に出しゴミ箱を洗うもしくは捨てて新しいのと取り換える、これが脱臭作業です、根本的に臭いの発生源を取り除くこと、これが脱臭です。

これを特殊清掃に当てはめるとまごのてで行う一次処理は消臭です、ですがこの時点では発生源に対する処置はできてませんのでニオイは戻ってきます。
一次処理で少しの間ニオイを止めて遺族や関係者が用事を済ませた後に脱臭作業を行います、これが木部を洗浄したり体液が流れて汚染した建材を解体したりという作業です。

 

特殊清掃後のリフォームのご提案
 

特殊清掃の段階で床材を剥がしたり、壁紙を剥がしたり建具を外したりすることもあります。賃貸の場合はオーナーさんお抱えのリフォーム会社が入れるようにという場合が多いのでこの状態で引き渡し完了です。

自己所有でそのまま誰かが住んだり賃貸に出す場合は完全なリフォームを行わなければいけません、まごのて自社では施工しませんが提携リフォーム会社をご紹介し完全な住まい作りのご提案をいたします



特殊清掃後の遺品整理や家財の処分


賃貸などの場合は早急に部屋を明け渡せる状態にしなければなりませんが、荷物やゴミが多いと何をどうしていいかわからないと思います。そんな場合でも私たちにお任せいただければ貴重品の捜索から家財の処理まで、一貫してお任せいただけます。また水回りなどの汚れもしっかりクリーニングを行い引き渡しができるようにできるのも清掃会社としての強みです。
まごのての遺品整理サイト



元の形に戻れるようあらゆる技術を駆使!

特殊清掃一次処理から遺品整理まで責任施工

孤独死が発生しても慌てないで適切な処理を


個人の方も不動産関係の方も孤独死をはじめとした部屋にまつわる異常事態が起きたときには何をすればいいのか想像もつきません。
昨今孤独死が増えてると言ってもそんなに遭遇するはずもありませんし不動産業に携わる方も初めてだ!という方が多いのも事実です。

孤独死や自死、事件事故で部屋が汚れてしまった場合は最低限の情報だけいただければ適切なアドバイスをいたします。
一次処理から本格的な防臭そして遺品整理やリフォームまでの道筋を完璧にお示しいたします。

 

先日は大変お忙しい中、自宅の掃除や整理をしていただき本当にありがとうございました。こちらとしてはとてもお願いしにくい内容でしたが、快く引き受けてくださって本当に助かりました。

父が早く亡くなってしまったので母は長く一人暮らしをしていましたが、元気に過ごしている様子でした。しかし60歳を超えたあたりから、徐々に生活意欲がなくなってきて、すぐに「死にたい」といっていました。その都度、娘の私は励ましていたのですが、何せ遠方に住んでいることからすぐに対応できずにいました。

もう少し早く本人のもとへ訪れるべきでした。体は元気だからと過信していたと思います。かなり精神的に追い詰められていたのでしょう。それに早く気づいてやるべきでした。

新聞受けに何日もの新聞が取られずにいたのを近所の方が不審に思い、家主さんと警察の方が自宅内で母を発見してくださいました。その時にはすでに母は息を引き取っている状態で、もう10日ほど経過していたようです。

警察から連絡があったときには早く行っておくべきだったと本当に後悔しました。葬儀のあと自宅を早く何とかしなければと思っていましたが自分で整理する気になれず、まごのて様にお願いすることにしました。

清掃では消毒や消臭などをしてくださったおかげで、きれいな部屋に戻りました。遺品整理は私も一緒にさせていただきましたが、私の子供のころに幼稚園や小学校で作った作品が大事に保管してあり、母の思いに触れることができ本当に良かったです。やっとこれで私も前を向いて歩いていこうという気持ちになれました。まごのて様のおかげだと思っています。

孤独死から遺品整理
 
特殊清掃,相談
 
先日は大変お世話になりました。あのように綺麗な部屋に戻していただき、本当に感謝しております。

兄はひとり身で妹の私しか身寄りがありませんでした。引きこもって生活しているようで、妹の私が訪問することもありましたが、生活のお手伝いをするようなことはさせてもらえませんでした。

人付き合いの下手な兄でしたので、福祉の世話になるようなこともしていなかったようです。そのようなことから、ここ数か月は連絡もしていない状態でした。

先日警察から連絡があり、自宅内で亡くなっているのが発見されたとのことですぐに自宅に駆け付けました。心臓発作を起こした様子で、すでに2週間ほど経っていました。私以外に身寄りはありませんので、どうすればいいのか頭の中が真っ白になりました。

兄の遺体は傷んでいる状態で臭いもひどかったので、近所からも苦情が出ておりました。すぐに掃除をしなければならない状態でしたが自分では何もできず、大家さんに教えてもらったまごのて様にお願いすることにしたのです。

兄のアパートはかなり散らかっており、臭いや床の損傷などひどかったのですが、本当に綺麗になりびっくりしました。臭いもまったくなくなりましたので部屋を大家さんにお返しすることができました。

最期ですので遺品整理もお願いし、兄の大事にしていた時計と古い写真を預かることにしました。元気の頃の兄の写真をみて、昔を懐かしむことができるようになりました。本当にありがとうございました。

特殊清掃は迅速対応
 

会社情報

特殊清掃専門
◇株式会社まごのて
東京都江戸川区北葛西3-5-6
03-4405-5420

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

 

お問い合わせ

PAGE TOP