• トップ
  • 部屋のトラブル解決の専門家常駐で安心の特殊清掃業者

孤独死や変死の特殊清掃実例紹介(東京・千葉・神奈川)

東京都葛飾区1DKアパート孤独死、死後14日の特殊清掃
特殊清掃
一次処理で汚染された布団の撤去とウジ、ハエの処理、消臭を行い遺族が入室できる状態にしたが、体液がかなり広がっておりフローリングの解体が必要と判断した。

遺族が貴重品捜索を行う時間を考慮し翌々日に家財撤去と床下処理を行いました。所有物件だったため内装解体に関しては特に許可等は必要なし、後日関連子会社の不動産会社にて買取しました。

特殊清掃一次処理:67,000円
遺品整理、家財撤去費用:175,000円
床下防臭処理、オゾン脱臭:100,000円

まごのての不動産事業者専用サイト(孤独死や事故物件対策)


東京都練馬区の戸建てで自殺の特殊清掃。※推定死後2ヵ月
戸建てで周囲との交流もほとんどなかったため発見が遅れた。特殊清掃一次処理で汚染物の処理とウジ、ハエの処理、特殊清掃一次消臭を行いました。

特殊清掃一次処理:50,000円
遺品整理、家財撤去:470,000円
オゾン脱臭除菌:80,000円


東京都内で部屋で死亡した部屋(孤独死や自殺他殺)はすぐに駆け付け特殊清掃します

一滴の血液から大規模な汚染まで、完全な特殊清掃を行います

千葉県船橋市のアパートで自殺の特殊清掃
玄関での自死だったため腐敗体液が外廊下に遺漏し発覚、他の住人の通路でもあるため早急な対処が必要であった、玄関から廊下に掛けて汚染痕の処置を一次処理で行い遺族が到着後家財の撤去と水回りのクリーニングを行った。

遺族が遠方だったためファーストコンタクトは管理会社であった、管理会社は早急な対応を求めたが支払い責任があいまいだったため初動が2時間程度遅れた、一次処理分は管理会社が立替て施工となった。

特殊清掃一次処理:30,000円
家財撤去、水回りクリーニング、オゾン脱臭:105,000円

千葉県市川市のアパートで孤独死の特殊清掃

連絡がつかないことを不審に思った遺族が訪問し発覚しました。幸いにして発見も早く、遺体痕もベッド上だけであったことからフローリングなどに汚染はありませんでした。多少のゴミはあったものの家財は少なくすべての作業を即日行い、明け渡せるようにしました。

特殊清掃~家財撤去、オゾン脱臭:250,000円

孤独死部屋の清掃。千葉県、東京都は最速で参上し消臭します
​​​

近隣からの異臭通報で発覚する孤独死

神奈川県横浜市のアパートで孤独死が起き、約1ヵ月がが経過、近隣へ異臭漏れしていたことから発覚、完全にトイレ内のみであったことから特殊清掃一次処理だけでなく即日完全に施工。

もうひとつは、神奈川県川崎市のマンションで真夏に孤独死死後10日で発見されたと管理会社から一報が入った、この件も隣の住人からの異臭通報で発覚したものであった。
遺族は遠方のためある程度一任されてるのですぐにニオイを止めてほしいとの依頼でした。
床には腐敗体液が溜まっておりそこにウジがうごめきニオイレベルもひじょうに高いものであった、近隣への異臭漏れも激しくエレベーターを降りた途端察知できるレベルであった。


このように、臭いや虫で近隣に迷惑を掛けてる状態から発覚した場合は、早急な特殊清掃が必要です。

神奈川県内の特殊清掃は迅速に対応しすぐに臭いを止めます

ゴミ屋敷化した部屋で孤独死の特殊清掃

東京都大田区2DKマンション孤独死、死後3週間の特殊清掃
孤独死現場ではこのようにゴミ部屋状態になってることは珍しくなく、むしろこちらのほうが多いのではないかとの印象です。この場合も廊下から部屋にかけてゴミが散乱している状態でした。まごのてはゴミ屋敷片付けで実績が豊富です。このようにゴミがあっても問題なく作業を行います。

特殊清掃一次処理:60,000円 
遺品整理、家財撤去:320,000円 
オゾン脱臭除菌:55,000円

合計:435,000円(税別)

孤独死現場で共通してることですが、部屋が若干荒れ気味であることが多い、東邦大学看護学部の岸恵美子教授は地域社会との交流断絶やセルフネグレクトなど根本から見直す必要があると警鐘を鳴らしている

ゴミ屋敷の中で孤独死の特殊清掃も完全にキレイに回復させます

孤独死や事故があった家をそのまま売るという選択肢

孤独死部屋、ゴミ屋敷でも即現金化が可能です

相続または何らかの事情で家を売りたい、そのためにもまずはお片付け、というご相談は多いです。

ですが、ゴミ屋敷化していたり、孤独死などがあり事故物件となっており片付け費用が思いのほか高額でその費用が捻出できないということも多々あります。

そんな場合は、「そのまま売る」という選択肢をご検討ください。

ゴミ屋敷や事故物件を売却希望の方は株式会社まごのて営業第二部までお問合せください。

そのまま売却する場合のメリットとしては・・・

1.現金化までが早い(10日~1ヵ月)
2.お片付けを行う必要がない。

一般的な不動産の売却は大きく2通りあります。

1.市場に出して購入希望者が現れるのを待つ。
不動産の流通はこの方法が一般的です、間に仲介業者を入れ市場に出します。

2.不動産業者または個人や法人が買い取る
買取専門の不動産会社やその物件を欲しい方に直接売却する方法です

いずれも基本的には屋内を空にしてからの手続きとなるのが一般的です。

弊社もしくは提携する不動産業者が買取る方法は上記の(2)ですが、お片付けを行わず現状有姿で買取ります、というプランです。

事故物件(孤独死や事件事故があった部屋や家)をそのまま買取ります

ゴミ屋敷や事故物件をそのまま売るデメリット

現状有姿で売却する場合はメリットばかりではなくデメリットもあります。

1.売却後に中の物に貴重品や必要な物があったとしても元に戻らない可能性がある。
2.買取可能地域が限られる。
3.市場に流通させるよりも安くなってします。


※弊社で買取った場合(1)に関しては貴重品の捜索など、できる限りご要望に沿うよういたします。

※弊社での買取可能地域は東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城です(地域内制限あり)

メリットもデメリットどちらもあるのですが、一番ベストな方法をご提案いたします。

孤独死物件やゴミ屋敷|現状有姿買取例

case1 千葉県市川市の2LDK区分所有マンションの買取

当初ゴミ屋敷状態になった部屋の片付け相談でしたが、相当なゴミ屋敷であったため片付け費用見積りが100万円を超えました。

事情がありマンションを売却するため片付けなければならないが、その費用が捻出できないということでした。

築年数こそ古いが管理組合もしっかりしており賃貸需要もそこそこあることから現状有姿のまま売却を提案しました。

長年ゴミ屋敷状態だったため、部屋の状態はけっして良くありませんでしたが検討の結果買取を決定し売買契約の後およそ20日で満額現金での決済となりました。

case2 東京都23区内3LDK区分所有マンションの買取(孤独死現場)

弊社で特殊清掃を行った孤独死のあったマンションの買取希望でした、孤独死現場(事故物件)であることと残債があるため市場での売却は時間が掛かりすぎると判断し即買取としました。

case3 東京都内戸建ゴミ屋敷の買取(ゴミ屋敷化)

いわゆる実家を相続したが、長らく高齢者が住んでいたためゴミ屋敷化していた。
とりあえず片付けだけして今後のことは何も考えていないということでした。

相当な荷物量とゴミ屋敷だったこともあり、片付け費用はそれなりの提示となってしまいました。

そこで提案として、ゴミや荷物はそのままで買取る方法を提示しました。

相続人である息子さんは遠方に暮らしてることもあり、今後誰も住むことはないと売却の意向を示し、2週間後に決済となりました。

訳あり不動産を高価買取いたします

PAGE TOP